脳梗塞の疑いはすぐ検査~早期発見でライフセービング~

男性

免疫細胞でがんを撃退する

女性

がんには様々な細胞由来があり、種類によって進行速度が異なり、また転移しやすいがんがあるのです。体内に生まれたがんは、免疫細胞によって排除されますが、免疫細胞の活性が落ちるとがんを発症してしまいます。そこで、患者本人の免疫細胞を増やして攻撃力を与えた後、体内に戻す免疫細胞療法が開発されました。

この記事を読む

定期検査で早期の発見を

病院

胆のうポリープは自覚症状が出ないので発見が遅くなってしまいます。ほとんどは良性のコレステロールに起因するポリープですが、まれに悪性の胆のうがんになることもあります。自覚症状がないので定期的な検査が必要です。

この記事を読む

症状の紹介

女性

体の耳には多くの神経があるため、大事な箇所なのですが、そんな耳には聴神経腫瘍が出来てしまう場合があります。この腫瘍自体は遅いスピードで大きくなっていくため経過観察をしなくなってしまいますが、これでは違う危険性を招きます。

この記事を読む

大事に至らぬための知識

医者

発症リスクがある生活

脳梗塞は高い確率で死、もしくは重度の後遺障害が残る恐ろしい病気です。発症原因は、脳の血管が詰まってしまうことです。血管が詰まってしまうと脳に血液が流れなくなりますから、脳の組織は壊死してしまいます。ですから、命を落とすことがあり、そうでなくても重度の後遺障害が残ってしまうのです。そして、更に恐ろしいことに脳梗塞の発症率は近年増加しています。発症率増加の理由として考えられているのが、現代人は発症リスクが多分にある生活を送っているということです。喫煙、飲酒が発症リスクを高めるのですが、喫煙、飲酒以外の発症リスクも一般的な生活に潜んでいます。ですから、現代人は脳梗塞に関する知識を深め、発症リスクを軽減させる努力をする必要があると言えます。

回復の可能性

発症率が増加している一方で、回復率も増加しています。このことは、t-PA治療という血管に詰まった血栓を溶かす治療法が確立したことが大きな理由です。但し、t-PA治療にも限界があります。t-PA治療は脳梗塞発症後、4時間半以内でなければ施すことができない治療法なのです。もし、4時間半を過ぎて治療を開始したら、脳内で大量出血してしまう恐れがあるのです。このような状況下で重要となるのは、当然、いかに早く治療を受けるかということです。治療を受けるためには、もちろん医療機関に行く必要がありますが、4時間半というのは脳梗塞発症直後からカウントダウンが開始されています。つまり、医療機関まで行く時間、診察や検査を行う時間も含めて4時間半ということになりますから、もたもたしている時間は一切ないと言えます。もたもたしないためには、どんな症状が脳梗塞なのか、事前に知っておくべきです。

Copyright© 2015 脳梗塞の疑いはすぐ検査~早期発見でライフセービング~All Rights Reserved.