脳梗塞の疑いはすぐ検査~早期発見でライフセービング~

男性

症状の紹介

女性

注意しておきたいこととは

聴神経腫瘍というのは、良性のことが多いものです。しかもこの腫瘍は大きくなる速度が非常に遅いといった傾向が強く、1年間で1〜2ミリ程度しか大きくならないことも多いのです。そのため腫瘍があまり大きくない場合には、治療はせずに経過観察となることが少なくありません。そこで「良性だから」といって経過観察をやめてしまう人も多いのですが、これは非常に危険です。というのも聴神経腫瘍というのは、たとえ良性でも大きくなると様々な障害を引き起こすことがあるのです。難聴や耳鳴りだけではなく、顔面神経麻痺や歩行障害が起こることもあります。ですので良性で大きくなりにくい腫瘍ではありますが、経過観察はしっかりと受けることが大切です。

今後どう変わっていくのか

聴神経腫瘍は腫瘍が大きい場合には、放射線治療や手術による摘出などが行われます。ですが現在では、聴神経腫瘍によって起こり得る障害を回避するための治療となっています。つまり腫瘍を取り除いたとしても、現れてしまった障害に関しては、改善が難しいものとなっているのです。そこで今後は、腫瘍を小さくする服用薬なども登場してくるのではないでしょうか。もともと大きくなりにくいものではありますが、腫瘍が小さな段階から服用することによって消滅させることができれば、そうした障害に苦しむ人も少なくなるでしょう。良性が多く殆んどの場合は問題のないものですが、やはり患者側としては良性でも取り除いた方が安心していられます。服用薬なら身体への負担は少ないですし、需要は多いような気がします。

Copyright© 2015 脳梗塞の疑いはすぐ検査~早期発見でライフセービング~All Rights Reserved.