脳梗塞の疑いはすぐ検査~早期発見でライフセービング~

男性

定期検査で早期の発見を

病院

多くある胆のうポリープ

40〜50代にかけて胆のうポリープが多く発見されています。胆のうポリープというのは胆のうの内側にできる隆起性の変化のことで成人の5〜10%の人はこのポリープを持っているといわれています。このポリープができる原因ははっきりしていませんが、コレステロールが関係しているポリープが多いことから食生活の影響が多いものと考えられています。胆のうのポリープは自覚症状がないために症状があらわれて発見されることはほとんどありません。例外的にポリープが胆のうの出口付近にできると腹痛などの症状が現れてきます。ポリープの種類によっては胆のうがんに進展するポリープもありますので無症状だからと安心せずに、定期的な健康診断をすることが大切です。

良性ばかりではありません

ポリープができてそのポリープが精密検査の結果良性であると判断された場合は、さほど心配する必要はありません。しかし時間がたつにつれてこのポリープの数が多くなったり、大きくなったりすることがありますので良性と判断されてもその後の経過観察をすることが重要になってきます。胆のうがんの特徴に短期間ですぐに大きくなってしまうという特徴があります。経過観察をしてみて短期で大きくなるようでしたら胆のうがんを疑う必要が出てきます。また形がいびつで一個しかできていないということも、大きな胆のうがんの特徴になります。胆のうの場合は組織をとって検査してみるということが不可能ですから胆のうがんの疑いがあるときには胆のうを摘出することになってしまいます。

Copyright© 2015 脳梗塞の疑いはすぐ検査~早期発見でライフセービング~All Rights Reserved.