脳梗塞の疑いはすぐ検査~早期発見でライフセービング~

男性

免疫細胞でがんを撃退する

女性

がんと免疫細胞

私たちの身体の中には、様々な細胞からなる組織や臓器があります。例えば、肝臓は肝細胞が集合した臓器ですし、肺は肺胞上皮細胞等からできているのです。そして、数ある種類の細胞のほとんどは、がん化することが知られています。要するに、がんには様々な細胞由来のがんがあるのです。そして、由来する細胞の種類によって、進行が遅いがんもあれば、逆に早いがんもあります。また、転移しやすいがんもあるのです。がんは、頻繁に体内で生まれていると考えられていて、ナチュラルキラー細胞を中心とした免疫細胞ががんを撃退しているのです。ですから、がんを発症せずに済んでいるのです。しかし、免疫細胞の活性が落ちると、がんの増殖力が勝りがんを発症することになるのです。

どのような治療法なのか

がんは、まず初めにナチュラルキラー細胞等により排除されますが、やがてリンパ球やマクロファージ、そして樹状細胞等による組織的な攻撃で撃退されることになります。そして、これらの免疫細胞を用いたがんの治療法のことを、免疫細胞療法と呼んでいるのです。現在実施されている免疫細胞療法に用いられる免疫細胞には、ナチュラルキラー細胞や樹状細胞、そしてTリンパ球があります。いずれの免疫細胞療法も、がん患者から取り出した免疫細胞を使って行います。取り出した免疫細胞は培養され、がん細胞に対する攻撃力を付与された後に、再びがん患者の体内に注入されることになります。がん患者本人の免疫細胞を使っていますから、免疫細胞療法には拒絶反応等の副作用が起こらないのです。

Copyright© 2015 脳梗塞の疑いはすぐ検査~早期発見でライフセービング~All Rights Reserved.